FC2ブログ

hweoi69

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部幸男

最終日!地元の雄・服部幸男も1号艇に入っていて、見逃せない戦いといえるでしょう。また、1R一回乗りの峰竜太(2号艇)にも注目!連日、熱心なペラ調整をしている成果も確実に出ていて、その足は充分、1着を狙えるところまで来ています。1R1号艇の出畑孝典も、なか胸を張れ。――準優勝戦後半のピット「たまにはこういうこともないと……」そう言って、笑みを浮かべながら引き上げてきたのは10Rを勝った渡邉英児である。スリット写真を見ながら「勘通りですね」と言葉をこぼして、もう一度笑みを浮かべた。ただ、そうはいっても、いかにも謙虚な様子で喜びを表現して準優勝戦私的回顧10レース真っ先に優勝戦への切符を掴んだのは渡邉英児。一番の勝因はどこにあったかというと、やはりピット離れに尽きるのではないだろうか。たしかに、スタート展示でも進入は枠なりだった。だが、2号艇の金子は、昨日の記事に書いた『掏るようなピット離れ』をみせそれぞれの動き――準優勝戦前半のピットペラ小屋に入ったのは服部幸男と重野哲之の静岡勢2人だ。服部が鷹のような目をしてペラの具合を見ていれば、重野は濱野谷と話しながら、じつに気持ちのいい笑みを見せていた(もちろん、すぐに表情を引き締めてペラと向かい合っていた)。服部がいつもどおりであれば、中尾茂幸の勝負師列伝Vol94楽しみである。第11R豊、和男、哲之、博崇、秀樹、通彦、超抜クラスの豊と和男に食って掛かるヤツを狙え!第12R辻栄蔵、大賀広幸、服部幸男濱野谷憲吾田村隆信、井口佳典、最後の切符を手にするのは忍者服部?それとも……憲吾を祈る、いや“健闘”を祈る。特別企画服部幸男GI3連覇への挑戦」4日目服部幸男10R2号艇2コース2着(コンマ11)インの西田に対して半艇身ほど遅れるスタート。しかし西田スタートタイミングがコンマ04と速く、服部がコンマ11。つられることなく自分のスタートが切れていると考えることができるだろう。スタート勘は合っている。混戦。――4日目後半のピットて失っていないのだ。西田靖が勝った10レースでは、ゴールぎりぎりまで繰り広げられた服部幸男須藤博倫の2着争いが見ものだった。ともに、そこまで無理はしなくても準優には進出できる条件下での闘いだったのだから、それぞれの気持ちは本当に熱かった!レース準優戦出場メンバー発表金子良昭原田幸哉野澤大二須藤博倫落合敬一11R今村豊平石和男重野哲之仲口博崇徳増秀樹植木通彦12R辻栄蔵大賀広幸服部幸男濱野谷憲吾田村隆信井口佳典(念のため主催発表をご確認ください)【厳選素材のグッドバランス】十六種類で十六茶谷。若松十六茶服部幸男先生が先制するも、大外から差し伸びた辻栄蔵が2Mを先制して1着。服部先生が2Mで辻ちゃんに張られてる間に1M4カド差しから2M内を小さく回った濱野谷憲吾が2番手に浮上しますが、3周2Mで内を小さく回った服部先生がゴールで同体に持ち込み意地を見せます。が、僅特別企画服部幸男GI3連覇への挑戦」3日目服部幸男7R6号艇4コース3着(コンマ04)昼飯を喰っていると、ピットに張り付いている野中文恵さん(元69期)がやってきて「服部さん、本体をやってさらにアップしたみたい。関口君が『服部さん、ヤバイっす。ケタチン(桁違い)になってます!』って言ってた」と
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。